半OL・半美容鍼灸師 アラフォー働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なくて七癖、そのくせ致命的 

161221-fc2-1.jpg


私、これでも一応鍼灸師なもので、
人の歩き方とか体のクセとかを
つい見てしまうのです。
(自分のことは棚に上げて。笑)

そうやって観察していると、
女性でも、チンピラみたいな
ガニ股の歩き方や、

「よっ!関取!」と
声をかけたくなるような
歩き方をしている人が意外と多く、

そして、おそらく本人は
そのことに気づいていない!

というのを見て、
「なんと恐ろしい!」
と、わが身を振り返る
きっかけにしています。


歩き方なら
自分が恥をかくだけなので
まだマシですが、

こんなクセがある方は、

いつか仕事で
痛い目を見る日が来るので
気をつけて!


ということを、
本日はいくつかあげてみたいと
思います。


1.思い込みが激しい

○○に決まってる!
××なのは当たり前!
これが常識!

という、自分の思い込みで
仕事を進めている人、
あなたの周りにもいませんか?

しかも、それを何度指摘されても、
いつも同じ思い込みをして
動いてしまう人。

その思考のクセのせいで、
「まただよ…」と
影でこっそりあきれられて
いるかもしれないのに…


2.聞いてるようで聞いてない

「はい!わかりました!」
と、返事はいいのですが、

腹の内では、
「めんどくさい」
「どうでもいい」
「適当にやればいい」
と思っていて、人の話を聞いていない人。

適当に聞き流してしまうクセが
ついているせいで、

肝心なことも
たいしたことじゃないだろうと
聞き流してしまい、
「言っただろう!」
と叱られるのがこの人のパターン。

でも、叱られてる最中も、
「スミマセン!!」と
反省しているふりをして
聞き流しているので、やっぱり直らない。

あいつは人の話を聞いてないヤツ、
って、ばれてるって教えてあげたい。


3.物音がすると絶対に反応してしまう

どんなに重要な話の最中でも、
周囲でちょっと派手な物音などがすると
バッ!と振り返って
そちらに注目してしまう人。

しかもそのあと話に戻ることはなく、
すっかり物音の方に夢中。

叱られている最中であろうが
お客様の前であろうが、
条件反射でやってしまうこのクセ。

やられた相手は、あなたのことを
一気に好きじゃなくなりますが、
いいんですか?
と聞いてみたいけど、

そもそも、このタイプの人は、
自分のクセにまったく気づいてない
残念な人であることが多いです。


4.ジロジロ見る

観察力が高いといえば
聞こえはいいですが、

チラ見ではなく、
ジロジロガン見している人は、
自分がガン見していることが
ばれていることに
気づいているんでしょうか?

キョロキョロと
あちこち見回すそのクセ、
会社の同僚がこんな人だと
見られる方はすごく不快。

外回りをしている営業さんが
これをやってしまうと、
相手は物色されているみたいで
イヤーな気持ちになるし、
落ち着きがない人認定されることは
間違いなし。


5.わかったつもり

1.思い込みが激しい
2.聞いてるようで聞いてない
の、混合バージョンともいえるのが
このクセ。

話半分に聞いて、
それって、こういうことでしょ!
と、とんでもない方向に
進んでしまうので、

思い込んだことが
正解であればいいですが、
勘違いだった場合、

「そんなことをやれなんて
一言も言ってないだろ!」
と、大目玉をくらうのがこの人。

悪い意味でのミラクルが
起こっていることがあるので、
巻き込まれる人は、尻拭いが大変。


6.口が軽い

しゃべっちゃいけないことを
ついうっかりしゃべってしまうクセ。

話好きな人と、
みんなから
いい人だと思われたい人に
この傾向が多いです。

本人は
いろいろ教えてあげたい
聞かれたことに答えたい
という気持ちなのかもしれませんが、

秘密をしゃべっている時点で
仕事においては
いい人だとは思えません。

社外には絶対に連れて行けないし、
社内でも、まかせる仕事を
選ばなくてはいけないけれど、
人当たりが良いゆえ、
実は扱いに難しい人。


7.頻繁にため息をつく

何か悪いことがあっての
ため息ならともかく、
何もないのに頻繁に
ため息をつくクセがある人。

周りの人たちは、間違いなく
不快な思いをしているので、
どんなに優秀だったとしても
まず好かれていることはありません。

いや、優秀な人は
ため息なんてつかないか。

ということは…
まぁ、そういう人、なんでしょう。

ICレコーダーで
ため息を録音して聞かせたら、
「自分、ため息し過ぎ!」
って気づいてくれたりするんでしょうか?


と、ムリヤリ七癖だしてみましたが、
どれも
「うちの会社に、こんな人、いる!」
という人ばかりなのでは?

あるいは、もしかしたらあなたも…

「いや、私はやってないし」
というのも、
実は思い込みかもしれませんよ。


*


◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。