半OL・半美容鍼灸師 アラフォー複業働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

履歴書の○○欄、ちゃんと記入していますか? 

161212-fc2-1.jpg


履歴書やエントリーシートを見ていて
もったいないと思うこと。

それは、

◎帰省先
◎趣味
◎特技

を書く欄が未記入、もしくは
少ししか書いていないこと。

そんなところ、選考では
たいして評価されないでしょ?
と思うかもしれませんが、
意外と大事なんです。


理由は3つ。

1.記入欄があるにもかかわらず
未記入で埋めていないのは、
意欲がないと思われてしまう


せっかく
記入欄があるにもかかわらず、

趣味:読書

だけでは、
あなたがどんな人なのか
採用担当者にはわかりません。

同じ読書と書くにしても、

こんなジャンルの本が好きで、
月○冊読んでいます

など、
あなたがどんな人なのか、
担当者に
想像してもらえるようなことを
書きましょう。

体育会系のスポーツが趣味と書けば、
この人はガッツがありそうだ!
と思ってもらえたり、

変わった特技を書くことで、
担当者が興味を持ってくれるかも
しれませんよ。

せっかく業務のこと以外で
自分をアピールできる場所なのに
ほとんど何も書いていないのでは、

自己PRする気がない =
うちの会社に来る気がない

と思われてしまいかねないので、
できるだけ
埋めるようにしましょう。


2.帰省先を記入してあれば
実家がどこなのかわかる


現住所と実家が違う人は、
その他の連絡先欄に
実家の住所を書いておくことを
おすすめします。

出身地が書いていないと、

○○高校卒業?
地方っぽいけど、
この人どこの人なの?

など、採用担当に
考える手間をかけさせることに
なってしまいます。

また、
実家が遠方の人に対して、
「この人は、実家で何かあったら
会社を辞めてしまうのでは?」
という懸念があったり、

社宅や住宅手当といった
福利厚生がないために、
会社近隣の人しか
採用したくないという会社も
中には存在します。

きちんと書いていなかったために、
わざわざ面接に行ったのに落とされた、
なんてことになり、

双方が、ムダな時間を
取ることになってしまいますので、
記入しておきましょう。


3.採用担当者と
共通する項目があれば
親近感を持ってもらえる


採用担当と趣味や出身地が同じ場合、
面接のときに、
「僕も○○出身なんだよ」
なんて、雑談ができて、
そのあともなごやかに
話ができることもあります。

もし、
「自分ともう一人の応募者の、
どちらかを採用しよう!」
となった場合、
「なごやかに話せた人にしよう」
と思ってくれるかもしれません。

採用担当も人間です。
共通の話題がある人の方が、
好感度は高くなりやすいですよ。


自分のことを
よく知ってもらうためにも、
履歴書の空欄はできる限り少なく!

なおかつ、学歴・職歴以外でも
他の人と差をつけられるように、
アピールしておきましょう。


*


◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。