半OL・半美容鍼灸師 アラフォー働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内面がアレな方は、外見もアレなのか? 

161118-fc2-1.jpg


以前、カフェでランチをしていたとき、
隣の席に
中学生か高校生くらいの男の子と
そのお母さんと思われる人が
座りました。

お母さんは、座って
コーヒーをひとくち飲んだ瞬間、

「なにこれ、甘いんだけど!」

「なんでこんなに甘いの?」

「ちょっと!?
交換してもらいたいんだけど!」


と、コーヒーをディスり始めました。


その後も、息子にいろいろ
話しかけているものの、
内容は

「どこそこの
なんとかさんはおかしい」


とか、

「あんた、ほんとに
ちゃんと勉強してるの?」


とか、

「学校の先生がどうのこうの…(文句)」

と、

超高性能ネガティブ探知機


と名づけたくなるくらい、
あれやこれやと、すべての事象に
イチャモンをつけておりました。


しばらくしたら、その探知機は、

「トイレどこなの?
えっ!店内にないの?
嘘でしょ!?」


と、またもやグチりながら
店の外のトイレへ。

ずっと、「あー」とか「んー」とか
熟年離婚直前の夫婦さながらの
カラ返事をしていた息子さんは、
母が立ったあと
深々とため息をついておりました。


どんな人なのか
すごく気になったものの、
席が真横だったので
ジロジロ見てはいないのですが、

お母さんは、おそらくそれほど
お歳はいっていない方。

ひょっとしたら、私(38歳)と
たいして変わらないくらいかも。

…だったのに、なぜか
着るものにすごく無頓着で、

◎おしゃれ目的ではない重ね着
◎ふくらはぎ丈の靴下
◎肌色ではなく灰色のストッキング

当時、季節は初夏だったにも
かかわらず、微妙な服装。


人のことはとやかく言うな!
という話なのですが、
まぁそれは置いておいて。

こういう方は、
ひどい目にあっている自分
のことしか見えていなくて、

発言内容といい、
ビジュアルといい、
周りからどう見られているか
見えていないから
こういう変な感じなの?

なんて思ってしまいました。


だって、自分で買ったくせに、
「コーヒーが甘い!(怒)」
なんて、
下手な当たり屋よりも
イチャモンスキルが高いですよ。(笑)

もしかしたら、私もあとで
「さっき隣に座ってた
あの女の存在が気に入らない」
とか、言われているのではなかろうか?

そんな風に、周りの人を
怖がらせていることも
気づいていないのでしょう。

誰に聞かれて
どう思われているかわからない、
公共の場での発言には、
私も気をつけよう。

と、またひとつ、
学習をしたのでした。


*


◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。