半OL・半美容鍼灸師 アラフォー働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は社員よりも社長の方が怖がっているのです 

161211-fc2-2.jpg


以前、ある社長さんが
こんなことを言っていました。

「新しい企画に対する、
お客様の反応が怖い」

これを聞いたとき、
まさか社長という立場の人が
不安になるなんて!と
びっくりしつつも、
「わかる!」と思ってしまいました。


規模は違えど、
私も何の後ろ盾もない状態で
サロンを経営していて、

どこかのお店で
修行をしていたわけでもないので
そこのお客様を連れて独立、
というわけでもないし、

人脈も完全にゼロの状態からの
スタートなので、

集客ができない

予約が入らない

というか、
そもそもうちのサロン
知られてない

と、何をどうすれば
うまくいくのかわからない、
まさに未知との遭遇真っ只中のため、
不安を感じることもしばしば。


これって、よく考えたら
会社の社長も同じで、

新規事業は
本当にうまくいくんだろうか?

とか、実は
社内で一番心配している
人なのではないかな?
と思います。

でも、社員からしてみたら、
まさか会社の決めたことが
失敗するなんて
夢にも思っていないわけで、

だから、
絶対成功させなければ!
と思って仕事に取り組む人なんて
ごくごく少数で、

大多数が、
言われたから適当にやる、
という人なのではないでしょうか。

私も、おそらく
起業しようとしていなければ、
社長さんが「怖い」と言っている意味が
一生わからなかったでしょう。


会社に言われたことをやっていれば
安泰だなんて、
実はそんな保証はどこにもなかった。


それに気づけただけでも、
起業してよかったなー、と思います。


どっしり構えているように見える
あなたの上司も、
もしかしたら
内心びくびくしているのかも
しれませんよ。

それがわかると、
たとえボスがどんな人であっても、
普段、それだけのストレスに
さらされているのだから、
まぁ、いろいろと我慢してあげましょう
という、広い心も持てるはず。(笑)


*


◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。