半OL・半美容鍼灸師 アラフォー働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務経歴書は企業に○○させるためのもの 

161206-fc2-1.jpg


職務経歴書の書き方を
ググってみるとよく出てくる、
「数字を書く」、ということ。

これ、何のために書くか
わかりますか?

月○件の契約、とか
売上○円、という、
自分の実績を見せるため、

というのも
ひとつの理由ですが、
他にも理由があります。


それは、
その人に、どのくらい
会社が求めているスキル
があるか、想像させるため。

例えば、
「コールセンターでの
問い合わせ対応」
と書いていたとしても、

① 住所、氏名の変更などの
契約内容変更の担当で、
毎日30件以上対応していた

② 電話対応は1日10件程度で、
クレーム対応担当だった

③ 電話とメール、両方の
問い合わせを担当していて、
それぞれにつき
1日10件程度対応していた

④ あまり電話が来なかったので、
1日3~5件しか
対応していなかった

というように、同じ
「コールセンターでの問い合わせ対応」
でも、
やっていることや業務ボリュームは、
人によって全然違っています。

企業側が、
②の業務ができる人が
欲しいと思っていても、

「コールセンターでの
問い合わせ対応」

と書いてあるだけでは、
その人に②のスキルがあるか
判断ができないため、
書類選考で落とされてしまう
可能性が高くなり、

逆に、
「②をやっていました」という内容の
職務経歴書を送れば、
書類選考を通過する確率は
高くなります。

応募したい会社の求人に、

業務内容:
請求書発行(月500件程度)

なんて、目安が書かれていたら
しめたもの。

「請求書発行、
500件やってました!」

と、書類でアピールすれば、

「うちが求めているくらいの
仕事をやってたみたいだし、
面接してみようか」

となるわけです。

もちろん、数が少なくても、
「請求書発行400件に加え、
○○の業務もやっていました」
のように、

求められている仕事を
こなせる程度の
キャパシティーはありますよ、

とアピールすれば、
選考に進める可能性は高くなります。


ただやったことを
羅列するだけではなく、

自分がどの程度の忙しさで
どんな仕事をしていたか、
相手が想像できるような
書き方をするのがコツです。


*


◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。