半OL・半美容鍼灸師 アラフォー複業働き女子LIFE

半OL、半美容鍼灸師。どちらの仕事も出勤日時は自由という、わりとフリーダムな生活を送ってます。サロンのことや会社のこと、起業についての思うところなど、いつも自分の中にある、「仕事って・働くってなんなの?」ということを自由に綴るブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの「早め」と上司の「早め」、それって同じ認識ですか? 

161023-1.jpg


「これ、なるべく早めにお願い」
と頼まれる仕事、

「急ぎじゃないから」
と頼まれる仕事、

こういうもの、よくありますよね。

ところで、この「なるべく早め」って
具体的にはいつまででしょう?

来週まで?明日まで?今日中?

じゃあ、「急ぎじゃない」というのは
いつまで?

1ヶ月後?来週まで?明日まで?
それとも今日中?

あなたに仕事を
依頼する人の「早め」と、
あなたが思っている「早め」、
二人とも同じ時間のことを
言っているのでしょうか?


仕事を頼まれたときは、
「早め」などのあいまいな表現ではなく、
その場ですぐに、具体的な日時を
はっきりさせる
のが
ラクにスケジューリングできるコツ。

「明日まででいいですか?」
と、一言聞くだけで、

「いや、今日中にやっておいて」とか、
「今週中でいいから」など、
その人の「早め」が
どの程度なのかわかります。

自分の基準で判断してしまうと、
依頼者がもうできているだろうと
思っていたら、
まだまったく手をつけていなかった、
なんていう、困った事態が
起こることもあるので、

どんな小さなことでも、
期日ははっきりとさせておくと
優先順位がつけやすいですよ。


何か仕事を頼まれたとき、
質問もせず
そのまま進める方がいますが、

もらった指示で5W1Hが
はっきりしない部分があったら
すぐに確認しておいた方が得策です。

だってあなたの上司は、
それほど仕事ができる人じゃないんでしょ?

「うちの上司は使えない」
のであれば、
あなたから聞いてあげないと(笑)

*

◆ 普段はサロンで真面目に働いてます
→ 美容鍼灸サロン コスメティックミューズ

◆ Twitterやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://twitter.com/hitomisty

◆ Instagramもやってます。フォローはお気軽にどうぞ (基本フォロー返します)
→ https://www.instagram.com/hitomi.kimura.1422

◆ ランキングに参加中です。ポチッと押していただけるとこっそり喜びます
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。